プラネタリウムPLANETARIUM

  • 休館日: 詳細は
    "今月の投影予定"を参照
  • 利用時間: 9:00 ~ 17:00
  • 電話: 048-591-7321
  • FAX: 048-591-7320




投影プログラム

いやされプラネタリウム

  • プラネマイスター(解説員)による今夜の星空解説や音楽・映像を駆使した、ゆったりとした空間と時間で "いやしの空間" をお楽しみください。
  • 満天の星空の元でプラネマイスター(解説員)が今宵の星空をご紹介します。また、BGMをバックに太陽系や星団星雲、銀河などの天体画像を投影します。
    大宇宙に展開する、美しく神秘的な星の世界をゆったりとご覧ください。

  • 投影日 :

    土曜日・日曜日・祝日及び春夏冬休み期間の月曜日~金曜日

  • 投影時間 :

    午前10時00分~

  • 料金 :
    市内 (桶川市・鴻巣市を含む)
    大人: 200円
    子ども(中学生以下): 100円
    市外
    大人: 300円
    子ども(中学生以下): 150円

きっずぷらねたりうむ

  • 午前と午後の「きっずぷらねたりうむ」は、前半の投影内容が異なります。☆★☆★☆★ ニャン&クマペーパークラフト作り方は、ホ-ムペ-ジ右にある"プラネタリウムおしらせ"に添付してあります。
  • ▼AMきっずぷらねたりうむ(午前11:00~)
    おすすめ:3歳~6歳以下
    幼児にも"宇宙を楽しめる"をテーマにした投影です。
    前半は、『まくまくんの星空大冒険』です。
    今日も「まくまくん」は、同居人の「あの子」の帰りを待ってお留守番。

    スケッチブックにロケットの絵を描いていると・・・いつのまにか、そのロケットで、まくまくんは星の世界へ!

    星空の大冒険がはじまります!

    ------------------------------------------------------------------------

    ▼きっずぷらねたりうむPM(午後1:30~)
    おすすめ:小学生以上
    クイズやゲームを取り入れて"楽しみながら宇宙へのきっかけ作り"をテーマにした観覧者が参加する投影です。
    前半は、クイズ&なぞなぞDEプラネタリウム、『ナンで~!クイズ』です。
    思わず「ナンで~!」と言ってしまいそうな、楽しいクイズやなぞなぞが出てきます。

    ------------------------------------------------------------------------

    後半は、全天周デジタル映像『妖怪ウォッチプラネタリウムは星と妖怪がいっぱい!』を投影します。
    妖怪がいっぱいの『妖怪プラネタリウム』に足を踏み入れたケータたち!
    満天の星空に妖怪たちが現れて大騒ぎに! ?
    星空や宇宙のお話はもちろん、妖怪ウォッチならではの笑いも満載!
    妖怪たちと一緒に楽しもう!

    【おしらせ】----------------------------------------------------------------

    妖怪ウォッチ プラネタリウムは星と妖怪がいっぱい!の中で、北極星と北斗七星のシーンがあります。しかし、きたもとプラネタリウムのデジタル映像システムでは、北側の映像を全て投影することが出来ません。番組では、音声のみを投影しています。北極星と北斗七星の資料をパンフレットに添付させていただきます。何卒ご理解いただけますようお願いします

  • 投影日 :

    土・日曜日、祝日
    学校の夏冬春休み期間の月-金曜日
    ※年始、特別休館日、特別投影日を除く

  • 投影時間 :

    1回目 午前11:00~
    2回目 午後1:30~

  • 料金 :
    市内 (桶川市・鴻巣市を含む)
    大人: 200円
    子ども(中学生以下): 100円
    市外
    大人: 300円
    子ども(中学生以下): 150円

天象ミュージアム

  • プラネマイスター(解説員)による今宵の星空解説と、無限に広がる大宇宙で起こる天文現象、天文学、科学技術を季節ごとにテーマを決めて紹介します!
  • ▼季節のテーマ(予定)

    春_4月~6月 時間はどのようにして決めているのだろう?
    夏_7月~9月 肉眼では見られないブラックホールをどうやって観測しているの?
           ※毎週土曜 と 学校の夏休み期間中の火曜/木曜
           ★夏の投影期間特別投影『星のせせらぎ』~アクアヒーリング~
            ※毎週日曜と祝日 学校の夏休み期間中の月曜/水曜/金曜
    秋_10月~12月 星座は誰が何のために作りいったい何に役立つのだろう?
    冬_1月~3月 どんな物体もすり抜けてしまう

    ------------------------宇宙を支配するエネルギー・ダークマターとは?

    -----------------------------------------------------------------------

    【夏限定の特別投影】
    天象ミュージアムでは、

    夏の投影期間(7月~9月)に特別投影『星のせせらぎ』を実施いたします。

    都会の喧騒から離れ、心地よい「水のある風景」へあなたをいざないます。

    小川のせせらぎ、流れ落ちる滝、乱舞するホタルなど、ドーム全体に広がる星空と自然風景の数々。

    リラックスした空間の中で至福の時間をお楽しみください。
    ナビゲーターは、声優で歌手でもある 水樹奈々さんです。

    -

    ▼『星のせせらぎ』 投影スケジュ-ル
    7月~9月の毎週日曜と祝日と学校の夏休み期間中の月曜/水曜/金曜

  • 投影日 :

    ------------------------------------------------------------
    土曜、日曜、祝日と学校夏冬春休み期間の月曜から金曜に投影します。
    ※年末年始休館日、特別休館日、特別投影日を除く
    ------------------------------------------------------------

  • 投影時間 :

    午後3時30分~

  • 料金 :
    市内 (桶川市・鴻巣市を含む)
    大人: 200円
    子ども(中学生以下): 100円
    市外
    大人: 300円
    子ども(中学生以下): 150円

イベント

子ども星ものがたりシアター

  • ①プラネマイスタ-(解説員)の星空解説
    ②『リーベルタース天文台』・・・動物たちがあつまる森の天文台で、星の物語を紹介します。
    「きっずぷらねたりうむ」とは少し違った、小さなお子様も楽しめる”やさしいプラネタリウム”です。親子のコミュニケーションづくりの場として、利用してみてはいかがでしょう。

  • ※午後1時30分の「きっずぷらねたりうむ」は、お休みになります。
    -------------------------------------------------------------------------

  • 開催日 :

    春: 平成29年 4月9日(日)・・・終了しました。
    夏:平成29年 8月13日(日)・・・終了しました。
    秋: 平成29年10月8日(日)
    冬: 平成30年 1月14日(日)

  • 時間 :

    午後1時30分~午後2時10分

おためし投影お休みのお知らせ

  • -----------------------------------------------------------
    7月20日(木)~8月31日(木)まで学校夏休み期間の
    平日限定 幼児のためのやさしいおためしプラネタリウム(無料)
    平日のおためしプラネタリウム (無料)
    はお休みです。
    -----------------------------------------------------------

  • 開催日 :

    学校夏休み期間お休み

  • 時間 :

    学校夏休み期間お休み

団体でのご利用

団体利用について

原則として、1回の投影は、30名以上の利用に限ります。

有料投影の場合
市内料金 (※桶川市・鴻巣市を含む)
大人: 160円
子ども: 60円
市外料金
大人: 240円
子ども: 90円
【団体入場での注意点】
  1. 原則として申し込みは、投影観覧希望日の3ヶ月前から1週間前までです。
    電話・インターネットでは、正式な申し込みにはなりませんので、必ず窓口に申請に来てください。
  2. 平日の団体投影時間枠は、9:00~12:00 と 13:00~14:00 となります。
  3. 一般向け投影日(土曜・日曜・祝日・学校休み期間など)での団体利用は、最大35名まで受け付けます。
    35名を超える場合は、当日に個人の方と一緒に観覧券を購入しください。当日来館した個人の方が、入場できない ことを極力避けるためです。
  4. 大型バス(観光バス)を利用する場合は、文化センターの駐車場には停められません。
  5. 中央図書館も利用する場合は、図書館へ直接申し込んでください。電話:048-592-0795(直通)

※その他詳しいことは、お問い合わせください。電話:048-591-7321

学習投影について

学習指導要領に則した内容を中心に投影しています。
小学4年生の投影内容は、こちらでメニュー化したプログラムを用意していますが、
可能な限り各学校の先生のリクエストに答えながら実施しています。

市内外問わず、 どうぞお気軽にご相談ください。

幼児投影について

プラネタリウム投影を通して、普段見られない満天の星や宇宙の世界と、
それにまつわる物語などに触れることによって、楽しいひとときを過ごしながら
豊かな情操を育み、科学に興味を持たせるきっかけにします。

また、家庭での話題作 りやコミュニケーションにも役立てます。
年少用番組と年長用番組を用意していますので、どうぞお気軽にお問い合わせ ください。

星見人(ほしみすと) <天体観望会>

星見人・天体観望会(無料)

  • ▼春(5月)・秋(11月)・冬(2月)の星見人・天体観望会は、昼間に実施いたします。
    昼間見られる、白い月を中心に観望します。
    事前学習プラネタリウム投影は行いませんので、事前申し込みの必要はありません。
    下記の実施時間内に、直接屋上にお越しください。
    ※天候不良の場合は、観望できませんので資料のみお配りいたします。
    -------------------------------------------------------------------------
    ▼夏(8月)の観望会は、夜間に実施いたします。
    プラネタリウムで『宙ガール★篠原ともえのレッツスターウォッチング』を見た後、屋上で望遠鏡や双眼鏡を使って実際に観望します。
    ※天候不良の場合は、プラネタリウム投影のみとなります。

    プラネタリウム投影は事前申し込み必要 [先着70名]
    実施日の1週間前より申し込み開始
    電話: 048-592-1714 (プラネタリウム直通)
    ★プラネタリウム投影中の場合、電話に出られないときもあります。
     ご了承ください。
    屋上の観望会のみの場合は、事前申し込みは必要ありません。 [定員なし]
    観望開始時間(19:00)までに、プラネタリウム入り口(展示室)にお越しください。

  • 開催日

    プラネタリウム

    投影

    屋上での観望

    平成29年5月3日 (水祝)

    -----

    終了しました

    平成29年 8月12日 (土)

    ------

    終了しました

    平成29年11月26日 (日)

    なし 午後2時30分頃~午後3時

    午後4時30分頃~午後5時

    平成30年2月24 (土)

    なし

    午後2時30分頃~午後3時

    午後4時30分頃~午後5時

星見人・望遠鏡を使わない天体観望会(無料)

  • 屋上では、双眼鏡や望遠鏡は使用せず、星座早見盤を使って実際の星空を観望します。また、星座早見盤には出ていない太陽系の天体も探してみましょう。天候不良の場合は、プラネタリウム投影のみとなります。
    ★8月5日と26日は、屋上で星を観望する前にプラネタリウムで『宙ガール★篠原ともえのレッツスターウォッチング』をご覧いただきます。

    全てに事前申し込み必要 [各回先着70名]
    実施日の1週間前より申し込み開始
    電話: 048-592-1714(プラネタリウム直通)
    ★プラネタリウム投影中の場合、電話に出られないときもあります。
     ご了承ください。

  • 開催日プラネタリウム投影屋上での観望
    平成29年 8月 5日(土)

    -----

    終了しました

    平成29年 8月19日(土)

    -----

    終了しました

    平成29年 8月26日(土)

    午後7時00分~

    宙ガール★篠原ともえの

    レッツスターウォッチング

    午後7時30分

    ~ 最長午後8時30分まで

    ★星座早見盤を見るために、懐中電灯をお持ちください。

     (大きいものは使いづらくなりますので、小さめのものが使いやすいです。)

設備・プラネタリウムについて

プラネタリウムとは

プラネタリウムとは、本来、 惑星(PLANET)の動きを表現する機械と施設(IUM)を意味します。
しかし、現在では、惑星 だけではなく満天の星と共に、
全天デジタル映像システムを使ってドームいっぱいに広がるダイナミックな映像を投影しています。
きたもとプラネタリウムでは、プラネマイスタ-(解説員)による生解説と、
3種類の投影から子どもから大人まで幅広く天文学習を体験できます。

システム構成
プラネタリウム: GX-T(五藤光学)
デジタル映像: HAKONIWA(リブラ)
ドーム: 直径 10メートル
定員: 70席

展示コーナーについて

展示コーナーでは、黄道12星座のパネルを見ながら今日の星占いや
過去20年分の天文雑誌を閲覧することができます。